ホーム > ダイエット > ダイエットは筋肉量がカギとなる!

ダイエットは筋肉量がカギとなる!

40歳を過ぎた頃になると、運動する機会が減っているにもかかわらず、好きなものを好きなだけ食べて飲んでという生活が当たり前のようになり、徐々に体脂肪が内臓に蓄積されてポッコリとお腹が出た肥満体型に変わっていきます。

こうした内臓脂肪型肥満は、代謝障害を招いて、高血圧、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病などの命にかかわる重病になるリスクが高まり、メタボリックシンドロームと呼ばれるようになります。

また、見た目もよくないので、どうしても体型にコンプレックスを持つようになり、仕事などにも悪影響を与えるようになってしまいます。

運動不足と食べ過ぎの生活から、このような内臓脂肪型肥満に向かっている40~50歳代の男性は大勢いらっしゃいます。

そんな危険な体型を改善しようと、多くの人がダイエットを始めますが、なかなか思うように痩せられずに、途中で挫折してしまう人は少なくありません。

果たして、多くの人が挫折してダイエットに失敗してしまう原因は何なんでしょうか?

まず、大きな原因として挙げられることは、食事制限だけで痩せようとする手法に問題があります。

食べ過ぎて太ってしまった人は、食事量を制限して適正な量の食事に改善しなければなりませんが、それ以上に摂取カロリーを減らして痩せようとすることは、かなりの無理があります。

ダイエットは、食事から取り込むエネルギーより、消費するエネルギーのほうが多ければ痩せられると考えて、食事量を減らすだけの手法を実践する人が結構いらっしゃいますが、人間の体は、そんな単純ではありません。

確かに、食事量を減らせば体重は減っていきますが、同時に基礎代謝量が低下して太りやすい体に変わっています。

本来は、余分な体脂肪を減らさなければならないのですが、食事制限で落とした体重の中身は、半分以上が筋肉です。

体の中で筋肉は、基礎代謝量を高く保つ重要な役割をしています。

その筋肉量を減らすことは、基礎代謝量が低下して太りやすい体になり、その後は、必ず、リバウンドが襲ってきます。

そもそも人間は、生命を維持するために、ある程度のエネルギーを食事から摂取しなければならないので、いつまでも大幅に食事量を減らして過ごすことはできません。

なので、前の食事に戻した途端に、太りやすくなっている体は、あっという間にリバウンドで激太りするというわけです。

このように健康的に痩せるには、筋肉量が重要なカギとなります。

http://katominmi.com/

「忙しくてなかなか運動する時間がない・・・」という人もいらっしゃると思いますが、わざわざスポーツジムなどに入会して筋力トレーニングを行う必要はありません。

毎晩、自宅で10分程度の簡単なエクササイズからでも十分に効果はあります。

まずは、筋肉を鍛えることを頭に入れましょう。